カズン

    いとこ同士のポップスデュオ

カズン OFFICIAL WEBSITE

デビューからの歩み

scene1
おばあちゃんの誕生日

カズン(cousin) ...古賀いずみと漆戸啓(うるしどひろし)による従姉弟(いとこ)同士の ポップスデュオ。1993年 ふたりの共通のおばあちゃんが逝去。大好きだった祖母に捧ぐオリジナルソング「おばあちゃんの誕生日」の制作をきっかけに〝いとこーず〟を結成。音源を探す

scene2
冬のファンタジー

1995年KioonSonyからデビュー。3枚目シングル「冬のファンタジー」(サッポロビール“冬物語”のCMソング)が大ヒット。ミリオンに迫るセールスを記録。「水曜日に会いましょう」(メナード“ジュピエルリップスティック”CMソング)「夢追いかけて」(松竹映画<宮沢賢治-その愛>主題歌)「ふたりのSomeday」(明治乳業“明治LOVE”CMソング、TBSドラマ”ひとりっ子同志”主題歌)「恋する惑星」(JAL CMソング)「サイレントナイト」(JAL キャンペーンソング)など数多くのタイアップを獲得。音源を探す

scene3
ひまわり
~アフガニスタンへ

2001年 テイチクレコード移籍第一弾シングル「ひまわり」がボランティア国際年サポートソングに抜擢。9.11テロを契機に開催された「アフガニスタン難民チャリティーコンサート」に参加。翌年パキスタンにあるアフガン難民キャンプを訪問。チャリティーで集まった義援金1756万円を直接現地に届けた。

難民キャンプでは、仮設の学校を視察。..元気良く挨拶する子。話も聞かず、後ろの方でおしゃべりを続ける子..。日本の小学校と変わらない子どもたちの姿に触れ、新曲「未来の空気」「あたらしい空」を制作した。音源を探す

 
 

scene4
列島縦断
鉄道12000Kmの旅

2004年 新レーベルcousin as always設立。NHK の人気TV番組“列島縦断 鉄道12000km 最長片道切符の旅”のテーマソング「風の街」を発表し、インディーズレーベル部門チャート第一位獲得。音源を探す

scene5
広島長崎被爆60年

2005年 ハービーハンコック・ウェインショーターらと共に広島の地で開催された世界青年音楽祭に出演。同じく広島は廿日市市の子どもたちと〝平和を願うコンサート〟を開催。後年全国各地の小学校で歌われることになる合唱曲「僕が君から借りたもの」を発表(中国電力CMソング)した。 この廿日市の子どもたちとのコラボがきっかけとなり初の海外(カナダ)公演が実現。音源を探す

scene6
キミノコエ~GOAL

ブラインドサッカー応援ソングとして制作した「キミノコエ」「GOAL」が同競技アジア選手権大会の公式応援ソングに認定された。

 scene7
七色音色
(なないろねいろ)

2009年 岩崎良美とのコラボ曲「ココロの色」を発表。〝岩崎良美×カズン 七色音色~なないろねいろ~〟コンサートツアーを全国各地で開催。
 
ふたりのプロフィール

scene8
広島からウガンダへ

2010年 itsumo-music(現itsumo music株式会社)設立。JICA(国際協力機構)が推進する国際協力プラットフォーム「なんとかしなきゃ!プロジェクト」に加盟。2013年 東アフリカのウガンダ共和国へ渡り、青年海外協力隊(大塚泰法氏)や現地の子どもたちとの奇跡のセッション「The Pearl of Africa」をレコーディング。国際協力機構の推進する青年海外協力隊公募活動のタイアップ曲としてCD化され1万枚を全国に配布。2014年 被爆2世の調律師 矢川光則氏との出会いから被爆ピアノとのコラボレーションコンサートが実現した。音源を探す

  scene9
One World One Harmony
~冬は必ず春モニー♪

20~25周年にかけて、デビューから『ココロの落書き』までのオールタイムベスト『カズン 二重唱~夢色ノート盤』(Sony Music Direct)オリジナルアルバム『カズン 二重唱~虹色ノート盤』(被爆ピアノとのセッション含む全23曲収録)を発表。「カズンと歌おう!ライブ~One World One Harmony Tour」や「カズン~やっぱ生でSHOW!~冬は必ず春モニー♪ ライブ2019」など日本各地の学校や劇場でツアー公演展開中。ウガンダ共和国親善大使。音源を探す
 
いつものように変わりなく...
from♪おばあちゃんの誕生日
生前の祖母の口癖がカズンの原点です。
変わり続けるからこそ変わらないもの・・・
Cousin as always
カズン
古賀いずみ  漆戸 啓