カズン OFFICIAL WEBSITE

アフリカの真珠

アフリカの真珠
~The Pearl of Africa

2012年4月、一通のメールが私たちカズンのもとに届きました。JICAの青年海外協力隊としてアフリカはウガンダで活動する大塚泰法(やすのり)さんからでした。内戦の歴史を持ち、まだまだ困難な状況が続くウガンダに派遣されて一年。中高一貫教育のセント・ムバガ中等学校でパソコンや体育の指導をする傍ら、もっといろんなカタチで子どもたちをサポートできないかと、大塚さんは日々模索していました。メールには、ウガンダの子どもたちは何より歌とダンスが大好きなこと。そんな子どもたちから、ウガンダの学校だけでなく地域を活性化できる歌をつくりたいという声が上がったこと。その歌を通して子どもたちに自信をもってもらいたいと思ったこと。そして、日本の子どもたちと沢山コラボレーションしているカズンに是非協力して欲しいということ…溢れんばかりの大塚さんの熱い思いが綴られていました。私たちはその熱意に触れ、是非協力させていただきたいとお返事し、プロジェクトは一歩を踏み出したのです。 
歌いたい内容、歌詞に入れたい言葉、どんな曲にしたいか、何でもいいからアイデアを送って欲しい、と課題を投げかけて2カ月。最初に送られてきたファイルには、The Pearl of Africa とタイトルが付けられていました。そしてなんと、歌詞とともに、アカペラでメロディも歌われていました。なんともいえない、アフリカの息吹に心踊りました。

c0229485_164252.jpg interaction_with_students_(1).jpg c0229485_0595025.jpg group_shotx1920x1080.jpg jacket970730_446374252125467_868589149_n.jpg
私たちはこの音源をもとにして、より希望に繋がっていくように歌詞にアイデアを加え、新たにPOPで覚えやすいメロディとアレンジを加え、更に歌に寄りそうようにハーモニーを付けて送り返しました。すると、私たちのアイデアに応えようと、子どもたちと練習を重ね、更にアフリカンドラムを加えて送り返してくる大塚さん。まだ一度も会ったことのないウガンダの子どもたちと、遠く離れた日本のカズンとのセッションが幾度となく繰り返されていきました。

現地の先生方を巻き込みながら、メールのやり取りだけの遠距離セッションが続きます。そして、制作開始から約半年。曲が完成に近づくにつれ、子どもたちをカズンに会わせたい!みんなで一緒に歌ってこの曲を完成させたい!そんな大塚さんの情熱は、国境を越え海を越え、多くの人たちの心を揺さぶりました。関係各所の様々な難しい調整が動き始めます。
そして、ついにその日がやって来ました。2013年2月22日 私たちカズンはアフリカはウガンダのセント・ムバガ中等学校を訪問。現地レコーディングを開始したのです。それは、ひとつひとつの思いが繋がってみんなの夢がまさに響き始めた瞬間でした。 

※「The Pearl of Africa♪」の大画面上映をコンサート会場で実施中です!大迫力のミュージックVTRを是非ご堪能ください。