カズン

    いとこ同士のポップスデュオ

カズン OFFICIAL WEBSITE

古賀いずみ
izumi koga

東京は和泉多摩川で生まれ埼玉の狭山で育つ。幼少の頃から歌うことが大好きで、小1の七夕には〝将来、歌手になる〟と短冊に書いた。小4で東映児童研修所に所属。人気TV番組「ぐるぐるメダマン」の'あずきあらい'役でレギュラー出演のほか子役多数。中学時代は身長を伸ばしたい一心でバスケに熱中。不屈の体育会精神を学んだがレギュラーにはなれず、身長も伸びなかった。高校時代はバトン部で関東大会出場。大学ではライトミュージック部に所属。在学中ビクター系ボーカルオーディションに合格し『海が見える場所から』(三陸鉄道イメージソング)でVictorからレコードデビュー。大学卒業後は、日テレ『ルックルックこんにちは(こころの歌コーナー)』にレギュラー出演し童謡唱歌を唄う。その後CMソング・TV歌番組バックコーラスの他、六本木や横浜などアメリカンポップスのライブシーンで活動の幅を拡げた。非営利団体 “歌の宝箱・虹の会” 発起人として地域密着型の親子ファミリーコンサート(未就学児童を連れてご家族で鑑賞できるライブ)を開催。加えて“R40”スタイルのおとなのライブ(40歳以上をターゲットにしたカバー曲中心の構成)も展開するなどアラフォー世代のお母さん方(PTA)からのオファーも多く、学校教室等を会場にしたトーク&ライブでは、カズンのハーモニーとは一味違ったSOLOの歌声と軽妙なおしゃべりが好評を博している。

dsc_2597.jpg x_izumi8.jpg izumi3.jpg izumi.jpg dsc_2665.jpg dsc_2554.jpg dsc_2600.jpg x_izumi3.jpg

1995年、古賀いずみ / 漆戸啓(うるしどひろし)による従姉弟(いとこ)同士のポップスデュオ、カズン(Cousin)としてSony Musicよりデビュー。ミリオンに迫るセールスとなった『冬のファンタジー』( "サッポロビール冬物語" CMソング)はじめ、代表曲は『風の街』(NHK 列島縦断鉄道12000キロの旅テーマソング)『あなたに会えてよかった』『ひまわり』など。平和への想いを込めた『僕が君から借りたもの』『wave』は広島をはじめ全国の小学校を中心に合唱曲として歌われ、JICA(国際協力機構)とのタイアップによるアフリカはウガンダの子どもたちとのセッション『The Pearl of Africa』では奇跡の現地レコーディングを実現。
25周年に向け、デビュー曲から『ココロの落書き』まで収めたオールタイムベスト『カズン 二重唱~夢色ノート盤』(Sony Music Direct)と、最新アルバム『カズン 二重唱~虹色ノート盤』(被爆ピアノとのセッションを含む全23曲収録)を発表。日本各地の学校や劇場でコンサートツアー展開中。ウガンダ共和国親善大使。