カズン(古賀いずみ/漆戸啓)Cousin OFFICIAL WEB SITE. 2017

古賀いずみが語る..Cousin@home

盆・暮れ・正月……私達はおばあちゃんちに集いました。
大人たちの宴会がひとしきり終わると、いよいよ子供達の出番です。
いとこたち9人、ピアノを披露したり歌を順番に歌ったり……

今でもビデオに残ってるのは新人賞ごっこ...
いずみが司会で啓は田原としちゃん役。
もうひとりのいとこは風呂敷をロングヘアに見立てて聖子ちゃん役
としちゃんは新人賞を受賞した途端に泣き崩れます。
そして涙で歌う曲は…… 『ハッとして!Good』

そんな音楽好きの孫たちをいつもニコニコ見ていたおばあちゃんの口癖は
『そのうちみんなでデビューすればいいのに……』

おばあちゃんの言葉どおり、いずみと啓が代表で(?) デビュー! その名も『カズン(いとこ!)』
天国のおばあちゃんもさぞビックリ! きっと喜んでくれてることでしょう。
もう“おばあちゃん”はいません。
しかし、今もファミリーが集まれば自然と歌があふれます。
そこには、“おばあちゃん”の温もりが蘇ります。

あの頃集ったおばあちゃんちの小さな仏間のような……
順番に歌い合い、ハモったりしたような…
そんな空間を皆さんと共に再現したかったんです。

ステージも客席もありません。
カズンが歌ってみんなが重ねて…
みんなが歌ってカズンがハモって…
そう、カズンのリビングにいらっしゃいませんか?
ピアノ一台、用意してお待ちしています。

~あとがき~

<誰もが聴きたい、そして歌いたい旋律を、今いるこの場所で奏でる>
2007年〝カズン〟カナダコンサート終了後,日本領事館のパーティーにお招きいただく機会がありました。
官邸には一台のピアノが・・・
あの歌この曲とリクエストは止めどなく溢れ、いつしか皆で大合唱
家族の“ぬくもり”に包まれるような瞬間でした。
遠くカナダの地での出来事です。

<みんな歌わずにはいられないようです>
最近の話題をひとつ・・・
小笠原クルーズのコンサートを終え旅の帰途「カズンの歌声広場」を企画。
その場で〝カズン〟とハーモニー。船上は大合唱。
太平洋のド真ん中で大いに盛り上がりました。

<今いるその場所が本舞台(ステージ)>
ナビゲートは〝カズン〟にお任せください。
家族の“ぬくもり”溢れるひと時、一緒に歌えるコンサートを演出します。
〝カズン〟のハーモニーにのせて!
“涙”と“笑い”そして“元気”を提供できれば幸いです。

カズン
古賀いずみ 漆戸啓

カズンのプロフィールはコチラカズンのプロフィールはコチラ

「いつものように変わりなく...」
from♪おばあちゃんの誕生日♪
生前の祖母の口癖がカズンの原点です。


変わり続けるからこそ変わらないもの・・・
Cousin as always
数々の出逢いと共に幾年月

心から感謝


カズン
古賀いずみ 漆戸啓